So-net無料ブログ作成

「ヤマダ電機の社員が自社商品や現金窃盗」と文春がスッパ抜き! [日記]

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

ヤマダ電機」が、決算赤字転落に続き、またまた大騒動に揺れそうなニュースが飛び込んできた。

何と士気の低下した社内で、社員による商品や現金の窃盗が相次いでいるという。

「週刊文春」が11月7日号で、その内情を証拠文書付きでスッパ抜いているらしい。

以下、そのネットニュース↓


<ヤマダ電機「店長の商品窃盗」証拠文書入手!>
(週刊文春 2013年11月7日号掲載) 2013年10月29日(火)配信

 家電量販店トップのヤマダ電機(東証一部上場)で社員による商品盗難や現金
窃盗が多発し、今年1~8月だけで5200万円もの被害が出ていることが「週刊文春」
の入手した内部資料によって明らかになった。
 内部資料によると、今年1~8月に発覚した同社社員の不正は36件。「金庫から
現金を窃取」「レジに保管していたギフト券を窃取」といった単純な犯行だけで
なく、「テレビ236台」「ゲームソフト262本」「DVD207枚」など、商品の大量持ち
出しも目立つ。

~以下省略~

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/bn-20131029-3296/1.htm
(ニフティニュースより引用)


驚くのは、店舗の責任者である店長までが、悪事に手を染めているらしいこと。

最近、ブラック企業が世間を騒がせているが、「ヤマダ電機」の場合は”ブラック社員”が店長クラスまで存在しているのか。


せっかく家電業界トップにまで登りつめたのに、一旦業績で躓くと、一気に社内まで風紀が乱れてしまうのでは、ちょっと情けない。


詳細は、文春の発売を待つしかないが、これでまた悪い風評が立つと客離れも起きかねず、年末商戦を前にしてイタイことになりそうだ。



nice!(0) 

里田まい、ノック打球キャッチで巨人押さえ込み?マー君メジャーで米渡航は? [日記]

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

日本シリーズ・第2戦、楽天‐巨人戦、誤審が発生したりして、ちょっと波乱があったようだが、結果的にはマー君の活躍で楽天が勝利した。

その試合前、巨人のシートノック中、打球がバックネット裏に飛び込み、なんと試合を観戦に来た楽天、田中マー君の奥さんの「里田まい」がその打球を素手でキャッチしちゃったんだそう。


打球が客席に入ることはあるだろうが、それが対戦チームのエース投手の妻のところに飛び、しかも素手でキャッチされたというのは、奇跡的な珍事でしょう。


ネットのニュースでも、この珍しいアクシデントが話題になっているようです。

「里田まい」といえば、田中将大投手の影となり、記録的な連勝を支えた良妻として今や評価はうなぎ登り。

このアクシデントも、試合前にして”巨人を鷲づかみ”という、勝利への影ながらの貢献だったのかも?


まあ、冗談はともかく、マー君も来年は早くも米メジャーリーグへの移籍の噂も出始めています。

もし、それが実現すると、気になるのは里田まいの同行と芸能活動の問題。


日本とアメリカで別居生活するのか、それともアメリカで一緒に生活し、芸能活動は休止するのか?


マー君の移籍金額と共に気になる問題ですね。



nice!(0) 

「笑っていいとも」来春3月終了、ご苦労さま

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

フジテレビ「笑っていいとも!」が遂に終わるんですね。

開始が1982年というから、32年前ですね。当時は確かお笑いブーム(漫才ブーム)とかがあって、前番組は「笑ってる場合ですよ!」とかいう、似た感じのバラエティ番組だったと記憶しています。

B&Bとか、ビートたけし(北野武)、ダウンタウンなどがレギュラーで出演していた番組です。

それは結構短命に終わり、その後を「笑っていいとも!」が引き継いだんですね。


私も別ブログで長く運営しているのがあって、昔の記事を検索すると、2009年の7月にタモリさんが人間ドックと白内障の手術のために10日間くらい番組を休養したと書いてありました。

夏休みなどを除いて、タモリさんが「笑っていいとも」を休んだのは、たぶんそれだけではないでしょうか?


以後、ズッと変わりなく続いてきたわけですが、ここ2,3年はマスコミで、”番組終了の噂”が時々出ては消えていました。

タモリさんとフジテレビサイドに考え方の違いがあったとか言われていました。


今回番組終了の理由は何なのかわかりませんが、タモリさんは本当にご苦労さまでした。


終了までまだ半年ありますので、最後まで無事に頑張って欲しいと思います。



nice!(0) 

矢沢永吉の娘「矢沢洋子」、たかの友梨のキャンペーンキャラに [日記]

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

ロック歌手の矢沢永吉の娘の歌手「矢沢洋子」(27歳)が、「たかの友梨ビューティクリニック」の2013年秋季キャンペーンキャラクターに起用されたそうです。

矢沢永吉さんにも娘さんがいて、すでにプロの歌手だったんですね。

YouTubeには、すでに矢沢洋子の動画も沢山アップされていました。
目元から鼻にかけて、父親に雰囲気が似ていますよ。





今度の「たかの友梨」のテーマが『美の一線を超えていけ』ということだから、さぞ矢沢洋子のプロポーションもいいのだろうと思いますが、身長167センチの長身でした。ファッションモデルでもあります。

すでにサントリー「モルツ」のCMで共演もしているそうです。

来年あたり、テレビでの露出も増え、ブレイクするかも知れませんね。


娘さんがわかると、矢沢永吉さんの妻もどういう人か気になりますが、1989年に「すみ子」さんという方と離婚していて、現在の奥さんは米国人とのハーフで、1990年に結婚し、矢沢マリアさんという方だそうです。

ネットでちょっと調べたら、矢沢マリアさんの画像らしきものもありましたが、どうも信用性がなく、確かではありませんでした。

もしかしたら一般人の方なのかもしれません。


偉大な歌手のプライベートは、ベールに包まれていた方が神秘性があっていいですよね。



nice!(0) 

アンパンマン作者やなせたかし氏の遺産400億円!相続人なし!?国のものに? [日記]

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

昨日亡くなったアニメ「アンパンマン」の作者、やなせたかし氏遺産はなんと400億円になるそうです。

スッゴイですね。

いくら国民的アニメの原作者とはいえ、桁違いすぎますね。


「アンパンマン」の単行本の総発行部数は7800万部だというから、他のキャラクターグッズやテレビの放映権料など含めると、そういう金額になるのかもね。


やなせ氏は生前は質素な生活だったというから、400億円もほぼそのまま残ってしまったのでしょうか。

普通なら、デカイ商業ビルを建てるとか、海外に城でも買うとか(アンパンマンのアミューズメント的な)、いろいろすると思いますが、ひたすら作品作りに専念していたんですね。


そして一番の話題は、その400億円の遺産の相続人がいないらしいこと。

93年に奥さんに先立たれ、子供も親戚もいないそうです。親戚もいないというのはちょっと意外ですが、そうなると遺産はどうなるのか、人事ながら気がかりです。

もし遺言でもなければ、最終的には国庫に入ることになりますけどね。


ご自分の死期はご存知だったらしいですから、たぶん遺産の使い道や行く先は言い残していたんではないでしょうか?


マスコミでは、”自称・親戚が名乗りを上げてトラブルになるのではないか”などと早くも騒いでいるようです・・・。




nice!(0) 

吉野家の国会店限定の特別メニュー「和牛牛重」に政治家が異論出す [日記]

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

先日、牛丼の吉野家が、国会に開店した店限定の「和牛牛重」が話題になりましたが、その特別メニューをめぐって、国会議員が異論を出しているらしいです。

今日、10月15日の夕方のTBSニュースで、それに付いて報じられました。


それによると、自民党の平沢議員の地元から「国会だけでしか食べられないメニューがあるのはおかしい」という指摘(異論)があったそうです。

それについて、他の議員からも同調する声が上がり、吉野家にその特別メニュー設置について説明を求める場合もありうるとなったそうです。


この「和牛牛重」は、国産牛の肩ロースだかのいい肉を使い、上等な味に仕上げた牛丼のことですね。

吉野家もアベノミクスで景気回復しつつあり、そのお陰で業績もアップするだろうから、ちょっと気を利かせたつもりで、あとは話題作りで、国会の店舗に「和牛牛重」を出したんじゃないだろうかと思いますが、思わぬ展開になっているようです。


リーズナブルな価格で普段勝負している吉野家ですから、1,200円もする牛重を全国一律で展開しろと言っても、それは無理な話でしょう。
東京ならともかく、地方によっては全く売れないかもしれませんから。

これはあくまで企業の経営戦略で、政治家があれこれ言う筋のもんじゃないでしょう。


選挙区の声に耳を傾けなければならないのは政治家の宿命ですが、かといって、全国の国民もその発言を聞いているのですから、あまりに陳腐なことを言って失笑を買わないようにね。


われわれ消費者も、政治家など使わず直接吉野家にアピールすれば、通販などで買えるようになるかもしれませんから、そうしましょうよ。




nice!(0) 

「森三中」の村上知子が妊娠5ヶ月と発表

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

ここのところ、芸能界では”おめでた”のニュースが多いが、今度はお笑いトリオの「森三中」の村上知子妊娠したという。

今日13日の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の中で発表した。

現在、妊娠5ヶ月目。

まずは、おめでとうございます。


村上知子のような、ぽっちゃりというか肥満体型の女性は、普通妊娠しにくいと言われているが、見事に妊娠しちゃいましたね。

しかも5ヶ月目で発表というのは、かなり遅い感じがしますから、案外本人も長いこと分からなかったりしてね。


現在33歳だから、体型と年齢を考えると、今回のチャンスがなかったら、この先も授かるのが難しかったかも。

3人の中では、ちゃくちゃくと幸せ街道を走ってますね。


この村上の妊娠については、その体型から、「イッテQ!」のナンチャンも「分からない。
妊法分からないの術」と冷やかしていたとか。



nice!(0) 

木村拓哉の新ドラマ「安堂ロイド」視聴率、「半沢直樹」と過去ドラマで比較 [日記]

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

いよいよ今日10月13日、TBSで木村拓哉主演の新ドラマ『安堂ロイド』がスタートしますね。

木村×柴咲が再びコンビを組むことで話題のドラマです。

ストーリーは、「ターミネーター」的な設定の時空を超えたラブストーリーらしいですが、何といっても一番の注目の的は、”視聴率”。


前枠で、瞬間視聴率の新記録を打ち立てた『半沢直樹』を超えられるかに、当面関心が持たれていますが、「半沢」が凄すぎただけに、後釜の『安堂ロイド』は瞬間、平均とも視聴率で下回るのではないか、という見方が大勢のようです。

しかも、「半沢」がリアルなドラマで見ごたえがあっただけに、『安堂ロイド』はストーリー設定で無理が見られ、下手をするとコケるのではないか、とも言われています。

とりあえずは、『安堂ロイド』と『半沢直樹』、第一回の視聴率の比較が楽しみです。


それと同時に気になるのか、過去のキムタクのヒットしたドラマとの視聴率の比較。

以下、キムタク主演ドラマの平均視聴率ランキング・ベスト5の平均視聴率と第一話の視聴率を見てみると、

・1位「HIRO」(2001年)、平均34,3%(第一回33,4%)
・2位「ビューティフルライフ」(2000年)、平均32,3%(第一回31,8%)
・3位「ラブジェネレーション」(1997年)、平均30,8%(第一回31,3%)
・4位「GOODLUCK!!」(2003年)、平均30,6%(第一回31,6%)
・5位「ロングバケーション」(1996年)、平均29,6%(第一回30,6%)
以上、ウィキペディアより


この視聴率ベスト5ドラマの第一回の視聴率は、30、6%~33,4%となっているので、このあたりの数字と『安堂ロイド』第一回の視聴率を比較してみても興味深いでしょう。


私的には、今回は同枠で直前に話題性の大きかったドラマがあったので、視聴者の興味も大きく、第一回の視聴率は過去のキムタク主演ドラマでは最高を記録するのではないかと思いますね。



タグ:安堂ロイド
nice!(0) 

くわばたりえ、無事に第2子出産をブログで報告

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

お笑いタレントの「くわばたりえ」さんが、高位破水とかのトラブルを乗り越えて、無事に第2子の男の子を出産したと、某ニュースサイトの芸能記事にありました。

そこにリンクがあったので、くわばたりえさんのブログ(アメブロ)を覗いてみると以下のように報告がありました。


”2013年10月12日 午前3時38分に

52.2cm 3618g の元気過ぎる大きな男の子を無事出産”

(他省略)


そして、胸に赤ちゃんを抱っこしている「くわばたりえ」さんの笑顔の画像が添えられていました。


ここまでは、微笑ましい出産報告の記事でしたが、さらにその下にページをスクロールしていくと、ある広告が目に入りました。



『仏壇』の広告



デカデカと仏壇の画像入りの広告でした。


う~~ん、これって、どうなんでしょうねぇ~。



くわばたさんのご先祖さんも喜んでいるのかな???



たりえさんのブログ (今も仏壇の広告が出ているとは限りません)
nice!(0) 

楽天マー君、大リーグ移籍なら入札金額58億円か [日記]

↓スポンサーリンク

↓ブログの記事はこちらから

今季、プロ野球で史上初の連続勝利記録を打ち立てた、楽天イーグルスマー君こと、田中将大投手。

来期の年俸はどの位に跳ね上がるのか、予想がつかないが、もはやスケールが大きすぎて、これまでの基準では収まらないんじゃないか、とも思う。

そこで出てくるのが米大リーグへ移籍の話。


米紙ニューヨーク・ポストによると、すでにヤンキースのスカウトマンは日本で動いるらしい。

他にも2,3のメジャーリーグが興味を示している。


もし、入札制度(ポスティングシステム)になると、その入札金額は6千万ドル=日本円で58億円以上という、もの凄い額になりそうだという。


”スカウトの評価として、「投球術を心得ている。制球が良く、ダルビッシュより上。
闘争心があり、(ヤンキースの)黒田のようだ」との談話を掲載した。(時事)”
~朝日新聞サイトより~


これに対抗して、楽天がマー君を満足させられるだけの年俸を出せるかが焦点になりそうだが、そうなれば、楽天本社の三木谷社長の”トップの判断”がモノを言うことになるのかも?




nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。